HOME>注目記事>外国の化粧品を売りたいあなたをサポート!化粧品輸入代行とは

化粧品を売りたい方へ

日本で海外の化粧品を売りたいというあなたに朗報です。面倒な手続きを代行してもらえる化粧品輸入代行というサービスがありますよ。「自分で輸入した方が早いんじゃない」と思っているあなたのために、個人で輸入する時と輸入代行サービスを利用した時を比較していますのでご覧ください。

海外の化粧品を売る方法!徹底比較!化粧品輸入代行VS個人で輸入

化粧品輸入代行

輸入する場合には薬事法に基づいた手続きが必要です。その手続きを代行してもらえるので合法的に化粧品を輸入することができます。

個人で輸入

個人輸入の場合は個人の使用目的に限り輸入が許可されています。ですので、大量に輸入した場合に不許可になることがあります。

薬事法に抵触しない

化粧品

海外の化粧品には国産のものとは違った魅力があり、日本で販売すると爆発的に売れる商品がたくさんあります。しかし化粧品は人間の肌に直接触れるため、薬事法の規制がありなんでも輸入できるわけではないのです。そのため日本の薬事法に触れない化粧品かどうか成分分析する必要があります。またそのほか国際的な条約や商標権を侵害しないかなど様々なハードルがあります。そこで海外から輸入するなら、経験豊かな化粧品輸入代行会社に任せるのがベストです。

トラブルの予防や自社商品

メイク道具

化粧品輸入代行会社ならお客様が選んだ販売したい化粧品と成分表を用意して、分析を依頼すると様々な方法で試験してくれます。その上で国内で販売できるかどうか知らせてくれます。販売してからトラブルが起こると会社の信用を棄損したり金銭的な損害が発生することになるので、事前に予防するためにもプロの化粧品輸入代行に相談してみることです。また代行会社では自社ブランド商品として販売したいお客様の相談にものってくれます。

海外との交渉や発送代行

メイク道具

化粧品輸入代行会社では、外国語でのやりとりを必要とする海外業者との交渉も行ってくれるので安心です。また商品の管理や人手のかかる発送業務なども代わって行ってくれるので助かります。料金もリーズナブルなので嬉しいです。

広告募集中