開発でお悩みなら

カメラの開発をしたいが、どの業者を選んでいいかわからないという経営者のあなた。もし、業者選びで迷っているならザクティがおすすめですよ。本記事ではザクティに興味がある方に向けてよくある質問やコラムを掲載しています。

ザクティによくある質問

品質に関する取り組みを教えてください

20年以上の実績がある工場で継続的に品質を確保しています。インドネシアで生産することで安価で安全な品質を保つことが出来ます。中国と比較しても遜色ないものです。

ザクティの強みを教えてください

少量多品種生産ができることです。少量多品種生産であっても品質が落ちることはありません。リアルタイムデータ管理システムを採用しています。

生産体制はどうなっていますか?

インドネシア工場で古くから安定的に低コストで生産することができます。高い直行率を誇っていますので安心です。

工業用と芸術用の製品

写真撮影

昨今におけるカメラの用途は様々であるが、大きく分けて工業用と芸術用の二つが挙げられ、カメラの開発とはこれらに用いられる製品を作り出すことであるといえる。工業用とは一言でいえば「ロボットの目」で、大量生産工場における製品の画像検査や搬送物のセンサリングを用途とするものである。一方芸術用とは、プロの写真家が自然や人物を撮影に使用するものやスマートフォン用のカメラが挙げられる。

まだ見ぬ製品のために

カメラマン

上記の例から想像できるように、かつて普通の写真撮影以外の用途を持たなかったカメラは、現代では高い産業的、経済的価値を持つ。それらの価値は様々なアイデアが生み出すイノベーションに支えられており、カメラ開発が果たす役目は非常に大きい。例えばカメラ付きドローンは空撮する様子は見るものを魅了したり、深夜の建物内で飛ばして警備を担当させるシステムにも活用されていたりする。これらのアイデアは今までになかった価値を生み出すが、それはドローンに搭載可能なカメラという存在なしには実現できなかったであろう。カメラの開発は価値あるアイデアに形を与え、まだ見ぬ製品やシステムとして世に送り出す役目を持っているといえる。

新しい製品を生み出す準備

カメラに限らず、製品開発の準備として最も大切なのは機能や予算、納期といったものを計画することである。例えばスマートフォン用のカメラを開発する場合、インスタグラムを代表とする画像投稿型SNSでの使用を想定して高解像度にする必要があると思われる。納期はこのカメラを搭載するスマートフォンが生産されるまでの間と考えることができ、予算はそれらの売上から計算する手もある。製品としての仕様と経営的戦略をまとめ、自分たちだけでなく周りの人間が聞いて納得するだけの分かりやすさと説得力を持たせる必要がある。

ビジネスとして申し込む

計画を建てた後は社内の開発担当部門や開発を引き受けてくれる会社へとアポイントを取ることでカメラ開発を申し込む。その際に計画の概要でまず相手を納得させられないと、仕様が不明瞭、予算が割に合わないなどの理由で会う前に断られかねないので十分な注意を払うようにすべきである。無事に直接折衝の機会に恵まれたら、詳細な計画を開発側にプレゼンテーションし、開発受諾を得ることができた後に予算や納期などのネゴシエーションを行う。合意する点を契約書に纏めて申し込み業務自体は終了するが、完成までの道のりが長い場合は随時相互連絡を行い、進捗や情報共有を行うべきである。

広告募集中